ごあいさつ




    ↑「こんぴらさんと越前焼」特集は上のバナーをクリックして下さい

    ↑しあわせの巡遊コースのご説明は上のバナーをクリックして下さい
地鎮祭・出張祭御祈願・御祈祷 民 謡 こ と ひ ら


海上安全旗自動車の御祓い



万年大吉パワースポット幸



パワースポット




 ようこそ、金刀比羅山宮のホームページへ

NEWS 神社ニュースをご覧下さい
 当神社は、日本海と琵琶湖周辺諸国を守護し給う、北陸・福井の「こんぴらさん」として、古くから多くの人々の信仰を集めております。
※神社の正式名は「ことひらさんぐう」でございます.

 お社は日本海近くの越前町にある幡ケ山の山頂に御鎮座しております。人俗を脱し清浄なる境内に身を置いて日々の生活を自省されたり、心の修行を行っていた先人を思い起こして 御参拝戴きたいと思っております。  
 
 讃岐・金刀比羅様の御分霊を戴いている当神社が海上安全の守護神であることから海上安全・大漁祈願の御神徳を仰ぎ参拝される方が多くいらっしゃいます。
 
 また御祭神の大物主大神様が万民に慕われ、 御参拝の御家庭に幸を招くという御神徳を仰ぎ 家内安全。無病息災、交通安全、商売繁盛など諸願成就の御祈願もさせて戴きます。
 さらに色々な心配事や悩み事解消の祈祷も御奉仕しております。

神社ニュース

一粒萬倍…豊作感謝の黄金祭

nigisine300HOCUT

10月9日10日両日は、収穫感謝祭の「黄金祭(こがねまつり)」が斎行されています。

当神社の御神田「鏡田(かがみだ)」で先日収穫された御神米を敬神婦人会の皆さんが握り飯の「黄金飯(こがねめし)」にして参拝の皆様にお振る舞いいたしております。

神事では皆様の諸願成就を御祈願します。

TuboTateASeika

また、今年は黄金祭奉賛として、当神社に伝わる江戸時代を中心に焼成された越前焼の大壺などを特別公開しています。

さらに、参集殿では、宮司による池坊の生花も展示、披露しております。

どうぞ皆様お誘い合わせお越し下さい。

◆写真◆上左は、御神前にお供えされる和稲(にぎしね)。下左は、特別公開されている越前焼の大壺。下右は、宮司による池坊の生花。

2018年10月9日

「越前がに」に国のお墨付き〔GI〕

KiwamiYOKOgimark_001KaniWA

「越前がに」がこのほど農水省の地理的表示保護制度〔GI〕に登録されたそうです。

〔GI〕は、各地域特有の環境や伝統などを誇る地域産品を継承していく制度で、いわば「国のお墨付き」。

越前がにの登録は69品目。福井県ではすでに5品目の登録がありますが、カニとしては全国で初めてだそうです。

越前がには、今年も11月6日に解禁。〔GI〕登録で、漁師さんの意気もますます上がっています。

神社では今シーズンもまた越前がにの大漁を心を込めてご祈願します。

■■ 詳しくは「えちぜん観光ナビ」へ ■■

Do0ziFdU4AA3kkiなお、これに伴い、越前がにのブランドを示すために付けられるタグのデザインが〔GI〕マークを付けたものに変更されるそうです。

【右の写真=越前観光連盟の御提供】

2018年10月8日

台風一過 さわやか秋空 今日から10月

IMG_8069

日本列島を縦断し各地に大きな被害や交通などに影響を及ぼしている大型の台風24号。

当地方も昨夜遅く通過したため、心配していましたが、今朝境内を見回ったところ、大神様の御守護をもちまして大きな被害はなく、ほっと胸をなでおろしているところです。

そしていよいよ今日から秋本番の10月のスタート。清々しい気持ちで日々を過ごしていきましょう!

2018年10月1日

天皇皇后両陛下提灯奉迎に万感の思い込め

 

HeikaABChouYoko
IMG_4403
HougeiW

29日の福井しあわせ元気国体開会式に合わせ、来福された天皇皇后両陛下を県民こぞってお出迎えしようという提灯奉迎行事が28日夜、福井市中央公園で開催されました。

会場の公園には昼過ぎから参加者が並び始め、午後4時ごろには長蛇の列。

3000個用意された提灯がなくなり、県奉迎委員会の発表で4000人もの人々が両陛下のお姿を一目見ようと集まりました。

午後7時からの式典のあと、午後8時前には参加者が手に持つ提灯にロウソクの火が灯され、両陛下がお出ましになる会場前のホテル14階の窓に参加者の目が集中。

司会の合図で数えきれないほどの提灯が上下、左右に揺れて両陛下に歓迎の意を表すと、窓の中の両陛下も同様に提灯を振られ、温かく感動的な交流が行われました。

しばらくして両陛下が窓から手を振られ、会場に聖寿の万歳三唱の声が轟きました。

また、君が代が斉唱され、会場は両陛下を慕う参加者の万感の思いに包まれました。

写真左上はホテル14階の窓から手を振られる両陛下。右上は両陛下の提灯の灯。下横長写真は会場で提灯を揺らす参加者、その左下は歓迎式典の様子

2018年9月29日

宮司も案内役 さかなまつり漁船乗船体験

GyosenIMG_4393
FuneW

越前町厨で開催された「越前さかなまつり」のイベントのひとつとして行われた「漁船乗船体験」。

「越前かたりべの会」会員の当神社宮司も案内役として参加しました。

以下は宮司のFaceBook「こんぴらさん宮司」から---。

■■■■■

本日は、越前町厨港の駐車場において行われたおさかな祭りの漁船の乗船体験のご案内役として、越前語り部の会より出動。

港より出港して地元で盛大に操業している定置網さままで船の中からご案内。

一番遠くに行った時、民謡ことひらを歌わせていただいたところ、お手拍子や拍手を頂き、音痴ながら最高でした。海の上から山を眺めるのも幸せなものです。

すっかり、乗船されたご家族さまと親しくなり楽しい思い出となりました。

駐車場で即売されているお店の中から、走って焼きイカやお茶を差し入れしてくれる人。

冥利に尽きます。

私は海の街を応援する。地元の人から沢山のお声かけ頂くことの出来る有難く楽しい1日でした。

何と7回も往復させて頂きました。

本日の海は殊の外美しい。

船頭さまと共通の話題も出来て嬉しい活動でした。

船頭さまには貴重な体験をさせて頂き有難うございました🎵

2018年9月23日

三重県の神職さんと当神社で合同研修会

MIe3MIe2KensyuWA

三重県の神職さんとの合同研修会が当神社で行われました。

来宮されたのは三重県神社庁の鈴鹿・亀山・関支部の神職さん計12人。

一行はまず当神社拝殿にて正式参拝。御祓いの後、代表が玉串を捧げられました。

神社内を見学されたあと、参集殿にて座学形式の研修会が行われ、宮司から当神社の沿革、御祭神、御祭礼などを説明。神社運営や神職の御奉仕などについて活発な意見が交わされました。

2018年9月21日

神社入り口に新しい大型看板登場

KabanOmoteAKabanUraAKanbanWKabanAtate

当神社の参道入り口に新たに大型の看板が立てられました。

看板はこれまで、近くの越前陶芸村の入り口交差点にありました。

しかし、県の景観条例の改定により、8月いっぱいで撤去を余儀なくされたことから、参道入り口に移転したものです。

これを機にデザインを一新。

入り口から神社に入る側の面には「幸せ招く信仰の社 金刀比羅山宮」と社名が大書きされ、「御祈願御祈祷のいたします」と呼び掛けています。

一方、神社から出る側の面には「祈 交通安全」とこれも大書きされ、車でお帰りになる参拝の皆様に、帰り道の安全を御祈願しています。

看板の大きさはタテ3.6メートル、ヨコ1.8メートルと畳4畳分。

看板が立てられた駐車場の地面からの高さは6メートル近くになります。

表面は白地をベースにしており、遠くからでもよく目立つようになっています。

当神社ではこの看板を「神社の顔」として、多くの参拝の皆様に見ていただき、皆様に愛される神社を目指していきたいと考えております。

この新しい看板をどうかよろしくお願いします。

■写真上が参道入り口側の面 下が出口側の面

2018年9月18日

御神田の抜穂祭 今年も厳粛に

Nukiho33Nukiho1Mukiho

当神社の御神田「鏡田(かがみだ)」の抜穂祭が今年も斎行されました。

鏡田の由来は、その形が丸く御鏡に似ていることから。

神事では、今年の豊作に感謝する祝詞を奏上。田作り人の皆様が玉串を捧げ抜穂作業の安全を御祈願いたしました。

引き続き、それぞれ鎌を手に刈り進め、刈り上げた稲穂を昔ながらのハサに架けていきました。

稲穂はハサで乾燥され、その後、精米。出来上がった新米は、大神様にお供えされるとともに10月の収穫祭「黄金祭」で参拝の皆様に「黄金飯」として振る舞われます。

2018年9月11日