ごあいさつ




    ↑「こんぴらさんと越前焼」特集は上のバナーをクリックして下さい


    ↑しあわせの巡遊コースのご説明は上のバナーをクリックして下さい

 ようこそ、金刀比羅山宮のホームページへ

NEWS 神社ニュースをご覧下さい
 当神社は、日本海と琵琶湖周辺諸国を守護し給う、北陸・福井の「こんぴらさん」として、古くから多くの人々の信仰を集めております。
※神社の正式名は「ことひらさんぐう」でございます.

 お社は日本海近くの越前町にある幡ケ山の山頂に御鎮座しております。人俗を脱し清浄なる境内に身を置いて日々の生活を自省されたり、心の修行を行っていた先人を思い起こして 御参拝戴きたいと思っております。  
 
 讃岐・金刀比羅様の御分霊を戴いている当神社が海上安全の守護神であることから海上安全・大漁祈願の御神徳を仰ぎ参拝される方が多くいらっしゃいます。
 
 また御祭神の大物主大神様が万民に慕われ、 御参拝の御家庭に幸を招くという御神徳を仰ぎ 家内安全。無病息災、交通安全、商売繁盛など諸願成就の御祈願もさせて戴きます。
 
 さらに色々な心配事や悩み事解消の祈祷も御奉仕しております。

地鎮祭・出張祭御祈願・御祈祷 民 謡 こ と ひ ら


海上安全旗自動車の御祓い



万年大吉パワースポット幸



パワースポット



神社ニュース

幸せ満面平瓦が越前焼製に

EEchiKawaAEchizenYaki3

当神社の「幸せ満面平瓦(かわらけ)」が日本六古窯のひとつで、このほど「日本遺産」に認定された越前焼のものになりました。

当神社と地元の越前焼とは古くから御縁があることから、平瓦についても越前焼製にしてほしいという要望が各方面からありました。

そこで「越前日向工房」の陶芸作家・日向光氏(写真)に焼き上げていただきました。

KawarakeBB新しい平瓦は、直径13センチ、高さ2センチと、これまでより大型で、迫力があります。

すでに七月の夏例祭「こんぴらまつり」からお目見えし、参拝の皆様から大変ご好評を受けております。

どうぞ、皆様、これを機に当神社に御参拝いただき、この平瓦に願い事をいっぱいお書き下さい。

平瓦の御玉串料は、400(しあわせ)円。

御社頭と社務所にご用意してございます。

EchiKochiraB

2017年8月7日

元気な子らの声…大神様に届け

Taiso2ATaisoGan

♪♪新しい朝が来た!

今年も当神社駐車場で、夏休み恒例の朝のラジオ体操が始まりました。

会場の駐車場には体操の始まる10分ほど前から地元の子供達や保護者らが三々五々集合。

世話役さんが用意したラジオから流れ出るNHKのラジオ体操に合わせ、みな「イチ、ニ、サン」と大神様に届くかのように大きな声を出しながら、元気に体操に取り組んでいました。

2017年7月29日

こんぴらまつり御参拝ありがとうございました

NatuMaturiWPBSanpai2AAKonpiraMaturi
今年の「こんぴらまつり」が7月8日9日10日の3日間、盛大に斎行され、大勢の参拝の皆様でにぎわいました。

まつりは当初雨などの天気予報が出されていたので、心配しましたが、お陰様で大きく天気が崩れることなく時には夏の厳しい暑さになることもありました。

CChinowa参拝の皆様は、拝殿直下の参道にしつらえられた茅の輪を「8の字」にくぐり抜けて邪気を祓っていました。

また、拝殿では神職を通じて大神様と向き合い、神主が祝詞を奏上する中、様々な願いの成就を祈願。

拝殿内は信仰の思いが一つに熱く重なり合い、祭り独特の神聖な空間となっていきました。

2017年7月12日

諸願成就の「こんぴらまつり」いよいよ

NatuMaturiWPB
NoboriKonpiraMaturi

いよいよ今年の「こんぴらまつり」(大祈願祈祷祭)があす8日から10日まで3日間、斎行されます。

300年前、当時の宮司・高原正信大人が30年にわたる讃岐・金刀比羅宮詣でを果たし、御分霊を戴いた日が7月10日であり、当神社にとって大切ばお祭りです。

家内安全・交通安全・無病息災、さ海上安全や商売繁盛など皆様の諸願成就を御祈願致します。

参集殿では御祈願を済まされた皆様に、夏のこんぴらさん名物「わらび餅」と冷茶の御振舞いを致します。

どうぞ皆様お誘い合わせお参り下さい。

2017年7月7日

雨も上がって…海開き神事を御奉仕

DSC_0665UmibirakiC

今年の越前町の海開きが7月1日、、同町厨の長須浜海水浴場で行われました。

神事では宮司が今シーズンの海水浴の安全を祈願する祝詞を奏上。内藤町長を始め行政や警察、消防など関係者が玉串拝礼を行いました。

DSC_0660この日は朝から激しい雨が降るなど開催が危ぶまれましたが、神事が始まる前には雨も上がり、時おり日が差すほどに。

神事に引き続き行われた豊漁祭では、宮司を始め出席者が海岸に並び立ち、一斉にタイを放流しました。

この夏もぜひ御家族そろって越前海岸に海水浴にお出かけ下さい。

7月15日には、北陸で一番最初に開かれる大花火大会も行われます。

2017年7月2日

六古窯サミット、12月に越前町で開催

SummitEchizenYaki1

6月22日付けの福井新聞によると、越前焼など日本六古窯が日本遺産の指定を受けたことに伴い、各産地が連携する連携協議会が発足、京都市で設立総会が開かれました。

その最初の事業として、遺産認定を記念した「六古窯サミットが」12月2、3両日、越前町で開催されることになりました。

サミットでは国内外へのPRや販路開拓を共同で進めていくことが話し合われるそうです。

会場は越前陶芸村の文化交流会館。パネルディスカッションが行われるほか、サミット前後にさまざな関連イベントが開かれるとのこと。

楽しみですね。

2017年6月22日

漁師さん一行、神妙に海上安全と大漁祈る

TeichiSanpai2

inorusgif

石川県の定置網の漁師さん一行が当神社を訪れ、大神様に海上安全と大漁成就を御祈願しました。

一行はこの日未明までの漁を終えた後、大型バスに乗り込み、2時間以上かけて当神社に到着。

TeichiSanpai3全員黒いスーツにネクタイ姿の正式参拝で、拝殿では神主のお祓いを受け、祝詞奏上を神妙な面持ちで聴き入っていました。

この後、一人づつ玉串を捧げました。

皆さん、荒々しい海の男のイメージとは違い、大変礼儀正しく統率が取れており、日ごろの海での仕事に全員一丸となって取り組んでいる様子がうかがえました。

どうか頑張って、沢山の魚を獲ってください。

2017年6月3日

5月27-29日「第37回越前陶芸まつり」

TougeiVH29EchizenYaki2

いよいよ今年の「越前陶芸まつり」が5月27日から29日まで3日間にわたって、当神社のお隣・越前陶芸村で開催されます。

今年は数えて第37回目。

先日、越前焼が「日本遺産」のひとつに認定されただけに、地元関係者の意気も上がっており、雰囲気もいっそう盛り上がりそうです。

メインとなるのは、地元の窯元が勢ぞろいする陶器市。

陶芸家自慢の新作や、たくさんの種類の越前焼がお得な値段で販売されます。

今年のテーマは「きっと見つかる“お気に入り”」。あなたも“お気に入り”の越前焼を見つけてください。

また、まつりを盛り上げるさまざまなイベントも繰り広げられます。

詳しくは左のサイドバートップにある陶芸まつりのポスターをクリックして下さい。

 

■神社と越前焼のつながりを紹介する特集ページを当HPに開設しました。どうぞぜひご覧ください。
TokuKochira

2017年5月27日