ごあいさつ




    ↑「こんぴらさんと越前焼」特集は上のバナーをクリックして下さい

    ↑しあわせの巡遊コースのご説明は上のバナーをクリックして下さい
地鎮祭・出張祭御祈願・御祈祷 民 謡 こ と ひ ら


海上安全旗自動車の御祓い



万年大吉パワースポット幸



パワースポット




 ようこそ、金刀比羅山宮のホームページへ

NEWS 神社ニュースをご覧下さい
 当神社は、日本海と琵琶湖周辺諸国を守護し給う、北陸・福井の「こんぴらさん」として、古くから多くの人々の信仰を集めております。
※神社の正式名は「ことひらさんぐう」でございます.

 お社は日本海近くの越前町にある幡ケ山の山頂に御鎮座しております。人俗を脱し清浄なる境内に身を置いて日々の生活を自省されたり、心の修行を行っていた先人を思い起こして 御参拝戴きたいと思っております。  
 
 讃岐・金刀比羅様の御分霊を戴いている当神社が海上安全の守護神であることから海上安全・大漁祈願の御神徳を仰ぎ参拝される方が多くいらっしゃいます。
 
 また御祭神の大物主大神様が万民に慕われ、 御参拝の御家庭に幸を招くという御神徳を仰ぎ 家内安全。無病息災、交通安全、商売繁盛など諸願成就の御祈願もさせて戴きます。
 さらに色々な心配事や悩み事解消の祈祷も御奉仕しております。

神社ニュース

船祝で大漁と安全を祈る

TairyoAnzenWWIMG_7551

普段、あまりお伺いできない遠隔地の漁港で、新たに導入した漁船の船祝を御奉仕いたしました。

新造船ではありませんが、漁師さんにとって、新たな漁船の導入は、未来を託す希望の源です。

船祝では、宮司が祝詞を奏上。

禰宜と共に、船体をくまなく御祓いして回り、船の無事無難を御祈願しました。

また、参列した漁師さんが玉串を捧げ、大漁と海上安全を祈りました。

漁師さんたちとも久しぶりにお会いし、記念写真を撮影。和気藹々の時間を過ごしました。

2019年2月13日

国道復旧工事の安全を祈る

KokudoTateAnzenWIMG_9358Kan

越前町の海岸沿いに走る国道305号線の血ケ平地区で、崩落した道路側面の復旧工事が行われるのに先立ち、作業の安全祈願祭が斎行されました。

現場は昨年7月の大雨により高さ50メートル、幅30メートルにわたって大きく崩落したもので、一旦は通行止めとなりましたが、現在は片側通行となっています。

復旧工事では側枠工法(そくわくこうほう)、モルタル吹き付け、鉄筋挿入ボルト留などのの技術を駆使し、完成までは3月いっぱいかかる見通しです。

神事では、当神社宮司が作業の安全を祈願する祝詞を奏上。現場一帯を禰宜がお清めし、作業に携わる業者の皆さんらが玉串を捧げて、工事の無事無難を祈りました。

2019年2月8日

3日節分。厄払いの御祈祷にお越しください

SanboMameSSsetubun

3日は節分。

当神社では厄祓いの御祈祷を受け付けております。

厄祓いをご希望の方は、厄年の方でなくても結構ですのでどうぞ、お祓いをお受け下さい。

厄を祓い、この一年の無事無難と招福をお祈りします。

御参拝の皆様には撤下品として「福豆」をお頒ちしております。

ご希望の方は、電話でご予約ください。

2019年2月2日

除雪態勢が一層充実…新たにドーザの入魂祭

DOZA1JosetuMaturi

越前町が新たに導入した大型除雪車(除雪ドーザ=11トン級)の入魂祭と清祓いが斎行されました。

同町は昨年11月に2台(11トン級と8トン級)を導入しており、これで3台目。

除雪態勢が一層充実されることになりました。

神事では、除雪作業の安全と交通安全を祈願する祝詞を奏上し、除雪車とその運転席をお祓いしました。

引き続き、町担当者らが玉串を捧げ、除雪シーズンの無事無難を祈願。

入魂祭では、宮司がお守りと交通安全ステッカーを担当者に手渡し、ドーザのエンジンを始動。可変ショベルを上下左右に動かして、車両入魂の儀式を行いました。

2019年2月1日

御神前で誓う「地域の防火防災」

ShoboYokoMukasaiW

当神社の地元・越前町消防団と越前町防犯隊の宮崎地区の皆さんによる平成31年無火災無災害の祈願祭が当神社で斎行されました。

消防団は、50年以上前から正月の出初式の時期に合わせ、当神社に参拝し、地区の防火・防災を祈願しています。

参拝したのは、団長と各分団長ら役員。

宮司の祝詞奏上、玉串拝礼のあと、「地元住民の命と財産を守るため、無火災・無災害に全力を尽くします」と、全員で誓いの言葉を唱和。

御神前で高らかに誓う皆さんに、地域を守る情熱と真剣さを改めて感じました。

2019年1月27日

勇壮に纏振り…初春寿ぐ

Snapshot_1MatoiW

伝統の纏(まとい)振りを奉納、披露していただいているのは鯖江市の熊野建設株式会社の皆さん。

同社は曳家(ひきや)工事のパイオニアとして住宅建設や土木工事業を営まれています。

纏振りは江戸時代の火消しの技として知られますが、職人さんの世界でも仲間の士気を鼓舞し、粋な姿を見てもらおうと祝いの場などで披露されます。

仕事始めのこの日、参拝を終えた後、外拝殿へ。

熊野会長の木遣りが響く中、熊野社長をはじめ、曳屋職人の皆さんが、重さ20キロはあるという纏を頭上でくるくると威勢よく振り回し、勇壮に新年を寿ぎました。

2019年1月8日

頑張るぞ!少年野球「宮崎ファイヤーズ」

MiyazakiRYakyuJW

当神社の地元少年野球チーム「宮崎ファイヤーズ」の選手の皆さんが今年も年頭参拝しました。

参拝したのは山内主将ら選手一同と、監督・コーチ、保護者の皆さんら。

メンバーは、勝利色でチームカラーの真紅のユニフォーム姿。

宮司が必勝祈願を祝詞を奏上し、玉串を奉奠。今年の頑張りを誓いました。

神社からは一人一人に必勝祈願のお守りが授与されました。

2019年1月6日

平成31年の年頭御参拝ありがとうございました

OreiYokoHaidenTate

新たなる年、平成31年明けましておめでとうございます。

年頭より大勢の皆様の御参拝をいただき、深く感謝申し上げます。 ありがとうございました。

昨年末は厳しい寒波の襲来により、大雪も予想されましたが、当地方には大きな雪害もなく、年始は比較的穏やかな天気でした。

お陰様をもちまして、近隣をはじめ、遠方各地より、初詣に来ていただきました。

御神前では皆様の諸願成就を神職一同膝折り伏して大神様に御祈願いたしました。

どうか皆様、本年がより良い年になりますよう、心よりお祈り申し上げます。

2019年1月5日