ごあいさつ




    ↑「こんぴらさんと越前焼」特集は上のバナーをクリックして下さい

    ↑しあわせの巡遊コースのご説明は上のバナーをクリックして下さい
地鎮祭・出張祭御祈願・御祈祷 民 謡 こ と ひ ら


海上安全旗自動車の御祓い



万年大吉パワースポット幸



パワースポット




 ようこそ、金刀比羅山宮のホームページへ

NEWS 神社ニュースをご覧下さい
 当神社は、日本海と琵琶湖周辺諸国を守護し給う、北陸・福井の「こんぴらさん」として、古くから多くの人々の信仰を集めております。
※神社の正式名は「ことひらさんぐう」でございます.

 お社は日本海近くの越前町にある幡ケ山の山頂に御鎮座しております。人俗を脱し清浄なる境内に身を置いて日々の生活を自省されたり、心の修行を行っていた先人を思い起こして 御参拝戴きたいと思っております。  
 
 讃岐・金刀比羅様の御分霊を戴いている当神社が海上安全の守護神であることから海上安全・大漁祈願の御神徳を仰ぎ参拝される方が多くいらっしゃいます。
 
 また御祭神の大物主大神様が万民に慕われ、 御参拝の御家庭に幸を招くという御神徳を仰ぎ 家内安全。無病息災、交通安全、商売繁盛など諸願成就の御祈願もさせて戴きます。
 さらに色々な心配事や悩み事解消の祈祷も御奉仕しております。

神社ニュース

いざ出陣!越前がに漁船の安全大漁祈願祭

s-s-IMG_4191KaniYoko1KaniKigan

いよいよ今年の越前がに漁解禁です。

11月5日午前11時に越前町小樟港で斎行された「越前がに安全大漁祈願祭」。

当神社の宮司・禰宜が御奉仕しました。

祝詞では、この日深夜出港する漁協所属の49隻のかに漁船の船名と船主さんの名前が読み上げられ、海上安全とかにの大漁を祈りました。

写真はいずれも一般社団法人 越前町観光連盟 毛利裕昭氏撮影

KaniYoko2

2019年11月6日

戦国ロマンに酔う第13回古里のろし駅伝

20191020_123333NorosiNorosiW

10月20日に当神社で行われた第13回のろし駅伝。

滋賀県から始まり滋賀県、福井県、石川県へと「のろし」をつないでいく歴史イベントです。

今回も山頂駐車場にたくさんの皆さんが集合。

午前11時前、お隣の越前市・鬼ケ嶽の「のろし」を確認。

危険防止のため、発炎筒ではあるものの、皆さん、秋空に吸い込まれていく白い煙に戦国ロマンを感じられたようでした。

2019年11月5日

PC修復作業とPC環境改善のためお休み中です

GIFKannusiPCA先日から社務所のPCのWin10移行に伴う修復作業とPC環境改善のため、HPとSNSのアップをお休みさせていただいております。

作業難航💦のため、もうしばらくお待ちください

2019年10月29日

10月20日古里のろし駅伝にどうぞ

NorosiWWSnapCrab_No-0029NorosiW

古里のろし駅伝は、滋賀県との県境にある玄藩尾城をスタートし、福井県各地を経由して、石川県加賀市に境する刈安山に至るまでの山や城の30箇所近くを順次のろしでつないでいこうという戦国ロマンの壮大な催しです。

13回目にあたる今年は来たる10月20日午前11ごろ、おとなり越前市の鬼ケ嶽ののろしを確認した後、午前11時ごろ点火される予定です。

その後、越知山、国見岳へとつながれます。

点火を確認された方には、神社からチューリップの球根がプレゼントされます。

どうか皆様ご家族おそろいで、賑やかにお揃いでお越し下さいますよう御案内申し上げます。

2019年10月7日

家族一丸こころ温まる新船祝

FamiW

FamiTate越前町では新船祝ラッシュ。8月23日にも大樟港で、底曳き船「泰山丸」(船主・森川貴文氏)の新船祝(にいふねほがい)の神事が斎行されました。

前船が老朽化のため、新たに船を求め、誇りある「泰山丸」の船名を受け継ぎました。

この日朝、船には、色とりどりの大漁旗などが華やかな飾られ、まさに満艦飾。

宮司・禰宜が御奉仕した御祝いの神事には、船主さんのご家族そろって参列。

船上で海上安全と大漁成就を祈願する祝詞が奏上されました。

玉串拝礼には3人のお子達が可愛らしい手で二礼二拍手一拝。船主さんご夫妻や祖父母の皆さんも目を細めていました。

このあと、神職が船内をお清め。神事の後にはご家族と乗組員で記念撮影。

皆で支え合い新船を盛り立てていこうという気持ちが溢れた、こころ温まる新船祝でした。

FamiWide2

2019年8月30日

港が活気にあふれた新船祝

IMG_1123SFWappen

8月17日、越前町の大樟港で、底曳き船「共栄丸」(船主・米沢綾兼氏)の新船祝(にいふねほがい)の神事が斎行され、宮司・禰宜が御奉仕いたしました。

これまで永年活躍してきた前船が老朽化のため、引退。

新たに「共栄丸」を新造。この日の御祝いの神事となったものです。

この日朝、造船所より曳航されてきた新船には、色とりどりの大漁旗などが満艦飾に飾られ、華やかな雰囲気。

船上で海上安全と大漁成就を祈願する祝詞が奏上され、神職が船内をお清めして回りました。

神事に参列した船主さんや乗組員、地元の漁師仲間らが玉串を捧げ、9月から始まる底曳き網漁の安全と大漁を祈りました。

SinjiAllまた、神事の後、恒例の餅まきが行われ、快晴の中、地域の人たちが大勢集まって、楽しそうに餅を受け取り、港は活気で溢れました。
KyoueALL

2019年8月17日

子供会ラジオ体操スタート…元気な声響く

TaisoKaeTaisoGan

「♪新しい朝が来た ♪希望の朝だ」

今年も当神社の駐車場で、夏休み恒例の朝のラジオ体操が始まりました。

初日は雨のため、中止となりましたが、2日目は曇り空ながら雨も上がり、午前6時半の放送が始まる前には、地元の子供達や保護者らが続々集合。

世話役さんが用意したラジオから流れ出るラジオ体操に合わせ、みな「イチ、ニ、サン」と大神様に届くかのように大きな声を出しながら、元気に体操に取り組んでいました。

2019年7月24日

当神社社報がメモリアルの第「77」号

77A

当神社の社報「金刀比羅(ことひら)」が通算第77号となりました。

今号は、令和となって初の例祭記念号で、7月10日の発行。おめでたい「七」が重なる号数となり、まさにメモリアルな社報となりました。

社報「金刀比羅」は、毎月10日の月参りの日に発行している月刊広報紙「金刀比羅乃峰」とは別に、正月・初詣と7月の例祭の年二回発行。

御参拝の皆様に無料で配布しております。

77Ryoumen

2019年7月12日