海上安全




 讃岐・金刀比羅宮の御分霊を御祀りしている当神社は、北の海(日本海)沿岸諸国と志賀海(琵琶湖)の守護神とされています。

 古くから漁業に携わる人々から篤く信仰され、「こんぴらさん」といえば、漁業の神様の代名詞とさえいわれております。



    写真は当神社の海上安全旗→
                        ©Kotohirasangu.religious corporation
海上安全旗


         海上安全旗のページに行くにはブルーのアイコンをクリックして下さい

 その昔、海上で嵐に見舞われた漁船が針路を見失い、絶望の淵に立たされてしまった時…。

 漁師たちはただひたすら金刀比羅の大神に救いを求め 祈り続けたところ、やがて嵐は鎮まり厚い雲の切れ間から大神様の御幣が出現し、母港へお導きくださったと申します。

 金刀比羅の大神様は海に携わるすべての皆様の守り神でいらっしゃいます・


←写真はお供えされたタイと奉献酒

 漁期の前になると浜の方から漁師さんたちがこんぴら様に次々と参拝されます。

 お供えに獲れたばかりのタイや奉献酒を並べ、大神様に海上安全・大漁成就など真剣な表情で一心に御祈願します。





 現場での作業が多い漁師さんは普段着での参拝が多いのですが、中には全員黒の礼服でビシッと決め、礼儀正しく丁寧に参拝する皆さんもおられます。

 大神様に対する篤い信仰心ゆえのものであり、海の上で命を懸けて仕事をする漁師さんたちの真っ直ぐで敬虔な気持ちが、厳粛な雰囲気の中からひしひしと伝わってきます。














    ↑クリックすると越前町漁協にリンクします↑

↑写真は、福井新聞社「かにカニ福井」サイトより

新船祝(にいふねほがい)の活気

新船祝のページに行くには赤いアイコンをクリックして下さい

海上安全旗


金刀比羅山宮の海上安全旗

海上安全旗のページに行くにはブルーのアイコンをクリックして下さい

海上安全旗