雲気漂う金刀比羅の嶺

AsaNewB583当神社が御鎮座するお山は幡ケ山(はたがやま)と称します。

写真は、早朝、お山の山頂付近に雲がわき、神々しいお姿を見せておられるところです。

「朝ぼらけ」は「あけぼの」とか「夜明け」を意味します。漂う雲気にお山が霞(かす)み、その荘厳な雰囲気に大神様の存在を実感いたします。

この下の小さいサムネイル写真をマウスの左ボタンで一回クリックすると大きな画面でご覧になれます。

※「Show slideshow」はシステム上、表示されますが、スライドショーは見られません。

また、こんぴら様が御鎮座いたしておることから別名「金刀比羅乃嶺(ことひらのみね)」とも称します。
「金刀比羅乃嶺」は当神社が毎月発行している月報(広報紙)の紙名ともなっております。

2015年8月19日